映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』公式サイト

大ヒット上映中!

岡田准一 木村文乃 平手友梨奈 安藤政信 黒瀬純(パンクブーブー) 好井まさお(井下好井) 橋本マナミ 宮川大輔 山本美月 佐藤二朗 井之脇海 / 安田 顕 / 佐藤浩市 堤真一

最強の殺し屋、最大のミッション。誰も殺さず、人助け。

最強の殺し屋、最大のミッション。誰も殺さず、人助け。

    最強の殺し屋、 最大のミッション 誰も殺さず、希望を守れ。
    岡田准一 ファブル/佐藤アキラ

    INTRODUCTION

    2019年6月21日に全国公開された前作『ザ・ファブル』。
    同週末の映画ランキングにて邦画No.1に輝く大ヒットを記録し、劇場公開時の満足度調査でも、実に96.5%の観客が「続編に期待!」と回答した。
    そんな待望の、そして必然となる新シリーズ、原作ファンからは「一番泣けるエピソード」として知られる“宇津帆編”を映画化!
    アクション、笑い、ドラマ、そのすべてがバージョンアップし、特に前作で世界をとらえたアクションは、さらにその上をいく未知の領域に到達。
    岡田准一は、今回主演兼ファイトコレオグラファーとして初期段階からアクション作りに参加し、攻めたアクションを披露する。
    スタッフ・キャストとともに「日本映画では見たことのない画」をテーマに挑んだ本作。
    さらに、俳優陣たちの熱演が生む人間ドラマも深みを増し、物語のクライマックスでは、胸を打つ衝撃のラストが待ち受けている。
    まさに無双状態の『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』が、全細胞を容赦なく震わせる!

    STORY

    最強の殺し屋が挑む究極ミッション!誰も殺さず、最狂の偽善者から、訳ありの少女を救出せよ。

    どんな相手も6秒以内に殺す――
    “ファブル”(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説の殺し屋」と
    恐れる存在だった。ある日、ボスから「一年間、誰も殺すな。
    “普通”に暮らせ」と命じられ、素性を隠して佐藤アキラという
    偽名を使い、相棒ヨウコ(木村文乃)と兄妹を装い
    初めて“一般人”として普通に暮らしている。
    アキラの初めてのバイト先であるデザイン会社では、
    社長(佐藤二朗)と社員のミサキ(山本美月)が、
    今日もアキラの描く子供のような絵に爆笑中。
    しかし一見平和なこの街では、
    表向きは子供を守るNPO団体の代表、
    裏では緻密な計画で若者を殺す
    危険な男・宇津帆(堤真一)が暗躍。
    凄腕の殺し屋・鈴木(安藤政信)と共に、
    かつて弟を殺した因縁の敵・ファブルへの復讐に燃え、
    綿密な計画を立てていた。
    同じ頃アキラは、宇津帆の元で暮らす、
    過去の事件でファブルが救えなかった
    車椅子の少女・ヒナコ(平手友梨奈)と再会。
    しかしこれが後に想像もつかぬ大騒動へと急発進する―!

    CHARACTER

    CAST

    岡田准一 ファブル/佐藤アキラ
    JUNICHI OKADA FABLE/AKIRA SATO
    1980年、大阪府出身。95年にV6としてCDデビュー。02年に放送されたドラマ「木更津キャッツアイ」(TBS)にて主演を務めた。その他主な出演作に、ドラマでは、「タイガー&ドラゴン」(05/TBS)、「SP」(07、08/CX)、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」(14)テレビ朝日開局60周年記念5夜連続ドラマスペシャル「白い巨塔」(19)など。映画では、『陰日向に咲く』(08)、『天地明察』(12)、『永遠の0』(13)、『図書館戦争』シリーズ(13、15)、『蜩ノ記』(14)、『エヴェレスト 神々の山嶺』『海賊とよばれた男』(16)、『追憶』『関ヶ原』(17)、『散り椿』『来る』(18)がある。19年、『散り椿』にて第42回日本アカデミー賞を受賞 優秀主演男優賞を受賞。21年公開予定の『燃えよ剣』では主演を務める。
    木村文乃  佐藤ヨウコ
    FUMINO KIMURA YOKO SATO
    1987年、東京都出身。映画『アダン』(06)オーディションでヒロインデビュー。同年の『風のダドゥ』(06)では主演を務める。その他、主な出演作に『ポテチ』(12)、『ニシノユキヒコの恋と冒険』(14)、『くちびるに歌を』『イニシエーション・ラブ』『ピース オブ ケイク』(15)、『RANMARU 神の舌を持つ男』(16)、『追憶』『火花』(17)、「ボク、運命の人です。」(17/NTV)、『伊藤くんAtoE』『羊の木』『体操しようよ』(18)、「サギデカ」(19/NHK)、『居眠り磐音』(19)、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(20)、「七人の秘書」(20/EX)などがある。
    堤 真一 宇津帆
    SHINICHI TSUTSUMI UTSUBO
    1964年、兵庫県出身。数多くのドラマ・映画に出演し、05年に『ALWAYS 三丁目の夕日』『フライ、ダディ、フライ』などで日本アカデミー賞最優秀賞助演男優賞を、10年には『孤高のメス』で同最優秀主演男優賞を受賞。近年の主な映画出演作に、『SP THE MOTION PICTURE』シリーズ(10、11)、『俺はまだ本気出してないだけ』(13)、『駆込み女と駆出し男』『海街diary』『日本のいちばん長い日』(15)、『海賊とよばれた男』(16)、『本能寺ホテル』『DESTINY 鎌倉ものがたり』(17)、『銀魂2 掟は破るためにこそある』(18)、『泣くな赤鬼』『決算!忠臣蔵』(19)、『一度死んでみた』、主演作『望み』(20)などがある。
    平手友梨奈 佐羽ヒナコ
    YURINA HIRATE HINAKO SABA
    2001年、愛知県出身。15年8月に結成された女性アイドルグループ欅坂46のメンバーとして、16年「サイレントマジョリティー」でデビュー。18年、『響 –HIBIKI-』で映画初出演にして初主演を務め、日本アカデミー賞で新人俳優賞、日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞で新人賞を受賞。21年、2度目の映画出演となる『さんかく窓の外側は夜』ではヒロインを演じる。
    安藤政信 鈴木
    MASANOBU ANDO SUZUKI
    1975年、神奈川県出身。96年に映画『キッズ・リターン』で俳優デビューし、日本アカデミー賞新人賞など多数の映画賞を受賞。『バトル・ロイヤル』(00)、『サトラレ』(01)などに出演の後、09年『花の生涯 梅蘭芳』で海外進出を果たす。近年の主な出演作に、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』(16)、『劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ救急救命-』(18)、「あなたの番です」(19/NTV)「テセウスの船」(20/TBS)、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(20)などがある。
    山本美月 清水ミサキ
    MIZUKI YAMAMOTO MISAKI SHIMIZU
    1991年、福岡県出身。09 年、雑誌「CanCam」の専属モデルとしてデビュー。11年から⼥優活動を開始。翌年、『桐島、部活やめるってよ』(12)で映画初出演。その他、主な出演作に『貞子vs伽椰子』『ピーチガール』(16)、『去年の冬、きみと別れ』、『友罪』(18)、『ザ・ファブル』(19)、NHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」、「パーフェクトワールド」(19/KTV)など。20年にはドラマ「ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~」「U-NEXT presents あと 3 回、君に会える」で主演を務め、映画『⽷』、『新解釈・三國志』などに出演している。
    佐藤二朗 田高田
    JIRO SATO TAKODA
    1969年、愛知県出身。96年に演劇ユニットちからわざを旗揚げし、全公演で作・出演を務める。多数のドラマ・映画に出演する他、映画『memo』(08)、『はるヲうるひと』(近日公開)では脚本・監督を務めるなど幅広い才能を発揮。映画『幼獣マメシバ』(09)ではシリーズ化された4作全てに主演。近年の主な出演作に、「勇者ヨシヒコ」シリーズ(11、12、16/TX)、『RANMARU 神の舌を持つ男』(16)、『blank13』『メアリと魔女の花』(17/声の出演)、『銀魂』シリーズ(17、18)、「今日から俺は!!」(18/NTV)、「浦安鉄筋家族」(20/TX)、『新解釈・三國志』(20)など。また、CX「超逆境クイズバトル!!99人の壁」では司会を務める。
    安田 顕 海老原
    KEN YASUDA EBIHARA
    1973年、北海道出身。演劇ユニット「TEAM NACS」メンバー。舞台、映画、ドラマなどを中心に全国的に幅広く活動中。出演する舞台、映画、ドラマでは硬派な役から個性的な役まで幅広く演じている。19年には、映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』で主演を務める。その他主な出演作に「下町ロケット」(15,18/TBS)、NHK連続テレビ小説「なつぞら」(19)、『俳優 亀岡拓次』(16)、『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』。『愛しのアイリーン』(18)「俺の話は長い」(19/NTV)、「アリバイ崩し承ります」(20/EX)、『ホテルローヤル』(20)、「うつ病九段」(20/NHK)などがある。
    佐藤浩市 ボス
    KOICHI SATO BOSS
    1960年、東京都出身。『青春の門』(81)で映画初出演し、第24回ブルーリボン賞新人賞を受賞。その後、数々の映画やテレビで幅広く活躍。『忠臣蔵外伝 四谷怪談』(94)、『64-ロクヨン-前編』(16)で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を、『ホワイトアウト』(00)、『壬生義士伝』(03)で同最優秀助演男優賞を受賞。近年の出演作に『友罪』『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(18)『空母いぶき』『記憶にございません!』『楽園』(19)、主演作『Fukushima 50』『サイレント・トーキョー』(20)などがある。
    井之脇 海 黒塩(クロ)
    KAI INOWAKI KURO
    1995年、神奈川県出身。映画『トウキョウソナタ』(08)で第82回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞、第23回高崎映画祭最優秀新人俳優賞を受賞。近年の出演作に、映画『海辺の生と死』(17)、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(17)、「いだてん〜東京オリンピック噺〜」(19)、「義母と娘のブルース(18/TBS)、「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(20/CX)「俺の家の話」(20/TBS)などがある。
    宮川大輔 ジャッカル富岡
    DAISUKE MIYAGAWA JACKAL TOMIOKA
    1972年、京都府出身。2004年から出演している、バラエティ番組「人志松本のすべらない話」(CX)で知名度を上げる。以降、バラエティやドラマなど幅広く活躍中。映画『さらば愛しの大統領』(10)ではケンドーコバヤシとW主演を務めた。主な出演作に、「チーム・バチスタの栄光」(08/CX)、『パッチギ! LOVE&PEACE』(07)、「銭ゲバ」(09/NTV)、『オー!ファーザー』(14)、『泥棒役者』(17)などがある。
    黒瀬 純(パンクブーブー) 井崎
    JUN KUROSE ISAKI
    1975年、福岡県出身。吉本興業のお笑い芸人。01年、佐藤哲夫と共にパンクブーブーを結成し、M-1グランプリ2009、THE MANZAI2011で優勝。以降、テレビ、ラジオ等で幅広く活躍している。
    好井まさお(井下好井) 貝沼
    MASAO YOSHII KAINUMA
    11984年、大阪府出身。07年、井下昌城と共に井下好井を結成し、近年は俳優としても活躍。Netflixドラマ「火花」(16)ではギャラクシー賞を受賞。主な出演作に、ドラマ「せいせいするほど、愛してる」(16/TBS)、「小さな巨人」(17/TBS)、映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(17)などがある。
    橋本マナミ アイ
    MANAMI HASHIMOTO AI
    1984年、山形県出身。97年、第7回全日本国民的美少女コンテストで演技部門を受賞。16年公開のオムニバス映画『全員、片想い』の一篇「イブの贈り物」で映画初主演を果たす。近年の主な出演作に「せいせいするほど、愛してる」(16/TBS)、NHK 大河ドラマ「真田丸」(17)、NHK連続テレビ小説「まんぷく」(18)、『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(17)、『マスカレード・ホテル』(19)などがある。

    STAFF

    ORIGINAL

    原作:南勝久「ザ・ファブル」1〜22巻

    講談社「ヤングマガジン」で2019年11月まで約5年間連載され、第1部が完結。第2部の制作も決定している。累計発行部数900万部超え。
    多くの著名人の間で、「今一番面白いマンガ」と称されている。現在、1~22巻まで発売中。

    「ザ・ファブル」1〜22巻

    何もかもが前作を凌駕した岡田准一氏の身体能力と格闘センスに脱帽。
    堤真一氏のウツボは原作よりも、さらに人間味が溢れていた。
    ヨウコ・鈴木・井崎・ミサキ・田高田・貝沼など、それぞれのキャラと立ち位置をしっかりと組み上げた江口カン監督の所業に感服。
    平手友梨奈氏のヒナコは、原作では表現しきれなかった闇の感情が、よりヒナコになっていたと思う。
    挿入歌の「通りはまだ」のさり気ない歌詞が心にとどめを刺す。
    書きたい事は山ほどあるが関係者の皆様、コロナ禍の最中、
    心からお疲れ様でしたと申し上げたい。

    PROFILE
    1971年、大阪府出身。99年、「ナニワトモアレ」で第41回ちばてつや賞準大賞を受賞し、漫画家デビュー。00年、同タイトルの連載開始。以来、ほぼ毎週連載を休む事なく、同シリーズを14年間、掲載し続ける。そして14年、満を持して「ザ・ファブル」の連載をスタート。類を見ないオフビートな笑いと、リアリティーあふれるアウトロー表現で、広く注目を集める。そして本作「ザ・ファブル」にて、17年に第41回講談社漫画賞一般部門を受賞した。主な著書に、「ナニワトモアレ」(全28巻)、「なにわ友あれ」(全31巻)など。

    DIRECTOR

    監督:江口カン

    岡田准一氏と共に目指したものは「前作を遥かに超える今までにないアクション映画」。
    岡田氏は前回同様ほとんどのアクションを自ら演じるのみならず、共演者のアクションも考案・指導。
    自分の出番がなくても現場に張り付くという徹底ぶりで今作アクションのクオリティを高次元に引き上げた。
    加えてレギュラー俳優陣による奇抜かつリアリティあるキャラクター造形。
    そしてファブルはなんといっても敵が命。今回の敵・堤真一氏の怪演かつ狂演。
    平手友梨奈氏の魂を揺さぶる熱演。安藤政信氏の妙に人間臭い匠演。
    これらが渾然一体となり、奇妙だが分厚い人間ドラマが生まれた。
    また、コロナによる長期中断という出口の見えない危機的状況を躱して撮り切れたのは、
    何よりもキャスト・スタッフの今作へのこだわりと情熱と愛情の賜物に他ならない。
    クランクアップした今、僕は前作を遥かに超える手応えに身震いしている。

    監督:江口カン
    PROFILE
    福岡出身、KOO-KI所属。ドラクエ(出演:のん、北大路欣也)、スニッカーズなど多数のCMを演出。Webムービーでは、「Baseball Party」(トヨタ)や「COME ON! 関門!」(北九州市・下関市)などのヒット作品を手掛け、国内外にて異例の視聴数を獲得。07-09年、カンヌ国際広告祭で3年連続受賞。13年、東京2020五輪招致PR映像「Tomorrow begins」のクリエイティブ・ディレクションを務める。ドラマ「めんたいぴりり」が日本民間放送連盟賞・優秀賞(2年連続)、ギャラクシー賞などを受賞。劇場映画作品は、デビュー作『ガチ星』(18)が「映画芸術」2018日本ベスト10にランクイン、その後『めんたいぴりり』(19)、『ザ・ファブル』」(19)と続いている。
    メイキング写真
    メイキング写真
    メイキング写真
    メイキング写真